Loading...

東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2020

2020.11.02 | REPORT

10月7日〜9日、東京ビッグサイトで日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市「第90回 東京インターナショナル ギフト・ショー 秋2020」が開催された。

これからの日常に価値を生む
提案の数々

今回のテーマは『「驚き」「感動」心を熱くする新製品との出会い。広げよう世界の絆』。



同展は「第8回LIFE×DESIGN」や「第28回グルメ&ダイニングスタイルショー秋2020」を始め、日常生活から公共・商業空間まで、人々のライフスタイルに関連する多様なテーマの展示会も同時に行われ、国内外からの900以上の出展者が集い、建築やデザインの設計者やコーディネーター、施主、バイヤーなど多くの来場者が訪れた。



「暮らし方から住まいをデザインする、リノベーションのための見本市」を掲げる第8回LIFE×DESIGNの会場には、「アクティブデザイン&クラフトフェア」「伝統とモダンの日本ブランドフェア」「リノベーション&ライフスタイル」「グランピング」「SOZAI展」の5つのゾーンが点在。


国内外のデザインクラフトが集まる「アクティブデザイン&クラフトフェア」エリア
国内外のデザインクラフトが集まる「アクティブデザイン&クラフトフェア」エリア



毎回、注目を集める「SOZAI展」では、伝統工芸や最先端の技術から生まれる“素材”に焦点を当て、商業空間や住宅を始めさまざまなシーンでの活用が提案された。展示ブースには織物や染色、木工といった日本の伝統技術を受け継ぎながら新たな形に昇華する14社、さらにタイ国大使館と連携し、タイならではの自然や技術を生かしたマテリアルを手掛ける21社が集った。


京都の「デザイン橡」による金属線を用いた織物。銅やステンレスといった細い金属線をジャガード織りすることで模様が浮かび上がる。さまざまなデザインパターンで制作でき、屋内外での利用も可能
京都の「デザイン橡」による金属線を用いた織物。銅やステンレスといった細い金属線をジャガード織りすることで模様が浮かび上がる。さまざまなデザインパターンで制作でき、屋内外での利用も可能


呉服制作の染めの技法をレザーに用いた、京都の「Leather & Silk Akiito」による提案。絞り染めの技法を始め、さまざまな染めのパターンを施すことが可能
呉服制作の染めの技法をレザーに用いた、京都の「Leather & Silk Akiito」による提案。絞り染めの技法を始め、さまざまな染めのパターンを施すことが可能


京都の和紙アクセサリーブランド「裕也(HIROYA)」による、手漉き和紙の味わいある表情を生かした素材の提案。写真左は手漉き和紙の透け感を生かしたシート素材、右が和紙とシルクによる立体感のある織物
京都の和紙アクセサリーブランド「裕也(HIROYA)」による、手漉き和紙の味わいある表情を生かした素材の提案。写真左は手漉き和紙の透け感を生かしたシート素材、右が和紙とシルクによる立体感のある織物


タイで竹材装飾品を手掛ける「NATURAL UNIT」による竹の形状や素材感を生かしたパネル「Bambunique」
タイで竹材装飾品を手掛ける「NATURAL UNIT」による竹の形状や素材感を生かしたパネル「Bambunique」


レザー製品の端材を再利用した「THAIS ECOLEATHERS」の六角形パネル。環境への配慮とともに、同じ表情のものがないオリジナリティーも魅力
レザー製品の端材を再利用した「THAIS ECOLEATHERS」の六角形パネル。環境への配慮とともに、同じ表情のものがないオリジナリティーも魅力



会場では各社の職人が来場者に直接応対するほか、タイの職人ともオンラインでつなぎ、素材の魅力を発信しながら来場者のインスピレーションを刺激する場が醸成された。



天然素材を用いて環境に優しい吸音・遮音効果のあるパネルを提案する「WASOO45」。麦わらやコーヒー豆の殻を再生紙やパルプといった植物原料と組み合わせて作られている
天然素材を用いて環境に優しい吸音・遮音効果のあるパネルを提案する「WASOO45」。麦わらやコーヒー豆の殻を再生紙やパルプといった植物原料と組み合わせて作られている


1㎜以下の細かな竹材を組み合わせ、繊細な模様を描き出す「BORRIBOON CRAFT」
1㎜以下の細かな竹材を組み合わせ、繊細な模様を描き出す「BORRIBOON CRAFT」


コットンやポリエステル、合成繊維などさまざまな生地を用いて、立体的で多彩な表情を生み出す「BUA BHAT FACTORY」
コットンやポリエステル、合成繊維などさまざまな生地を用いて、立体的で多彩な表情を生み出す「BUA BHAT FACTORY」


SOZAI展のタイのメーカーによるブースでは、素材を見ながら現地の職人とオンラインミーティングできる仕組みが取り入れられた
SOZAI展のタイのメーカーによるブースでは、素材を見ながら現地の職人とオンラインミーティングできる仕組みが取り入れられた


世界的な人気ブランドや、日本の優れたインダストリアルデザインクラフトが集まる「アクティブデザイン&クラフトフェア」では、ポストコロナ市場で需要が高まる“おうち時間”へ向けた家具や雑貨が数多く並ぶ。また、全国各地の地方自治体や技術振興団体によるブースも展開し、これからの新しいライフスタイルに寄り添うようなアイテムが提案された。


コロナ禍におけるキャンプ、グランピング需要に向けたアイテムの提案も行われた
コロナ禍におけるキャンプ、グランピング需要に向けたアイテムの提案も行われた



この他にも日本全国の産地から家具や木工などが集まる「伝統とモダンの日本ブランドフェア」、住空間のデザインの価値を高める提案がなされた「リノベーション&ライフスタイル」、町工場の技術力を発信する「町工場NOW!」などさまざまなテーマの展示が並んだ。会場では十分なコロナ対策がされながら、モノやコトに直接出会える空間が広がり、出展者と来場者による質の高いコミュニケーションの場が展開した。


東京ビッグサイトで開催された「第90回 東京インターナショナル ギフト・ショー 秋2020」。写真はさまざまな伝統工芸や先端技術により生まれた素材を提案する「SOZAI展」会場
東京ビッグサイトで開催された「第90回 東京インターナショナル ギフト・ショー 秋2020」。写真はさまざまな伝統工芸や先端技術により生まれた素材を提案する「SOZAI展」会場


次回「第91回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2021/第9回LIFE×DESIGN」は、2021年2月3日(水)~5日(金)東京ビッグサイト青海・西・南・ホールにて開催される。
また、沖縄・瀬戸・京都での産地開催も実施する。

ビジネスガイド社

  • TEL. (03)3843-9711

RELATED ISSUES

一覧に戻る

PAGETOP