Loading...
  • Home
  • 記事を読む
  • INFORMATION
  • 美しい自然環境の中で磨かれた職人の感性と先進的な工房から生まれる家具を世界に発信

美しい自然環境の中で磨かれた職人の感性と先進的な工房から生まれる家具を世界に発信

2020.08.27 | INFORMATION

1992年の創業以来、福岡を拠点に世界へ向けた家具づくりを続け、ミラノ・サローネや海外の著名なアワード受賞などを通じて国内外で注目を集めている家具メーカー、リッツウェル。熟練の職人の手仕事から生まれる家具の数々は、ラグジュアリーな雰囲気を感じさせながらも、日本的な美意識を表現した繊細な仕上げや上質感が特徴。



家具としての佇まいを意識した美しいデザインに、長く使いたくなる使い心地が追求されている。家具に用いられる革やファブリック、木、金属といった素材にもこだわり、独創的な世界観をより強く感じさせる。それらの家具は、住宅だけでなく、機能性とデザイン性の双方が高いレベルで求められるオフィスやホテルといった空間でも活用されている。



工場内のほとんどのフロアがチーク無垢材のフローリング貼り。スペースにゆとりのある工房や、海や緑を望むラウンジなど、訪れた人や職人が心地よく過ごせる空間が広がる
工場内のほとんどのフロアがチーク無垢材のフローリング貼り。スペースにゆとりのある工房や、海や緑を望むラウンジなど、訪れた人や職人が心地よく過ごせる空間が広がる


同社は2019年5月に福岡・糸島に新工場「糸島 シーサイドファクトリー」を新設。県内外で注目を集めている同地は、玄界灘の海沿いにある自然に囲まれた環境に位置し、緑と海を借景としたまるで美術館のような美しく開放的な雰囲気が広がる。



工場は2階建てで、大きな吹き抜けに隣接する明るいミーティングラウンジ、ゆったりとしたつくりの家具の工房、張り地などの素材の加工スペース、執務スペースなどが点在。インテリアは工房を含め、各フロアの床やステップがチーク無垢材のフローリング貼りとなっているのが大きな特徴だ。これは職人が作業に打ち込める快適な環境を提供すると同時に、実際に家具が置かれる室内をイメージできる場所でものづくりに取り組むことで、同社の家具が発する空気感がより良いものになることを願って計画された。



海沿いののどかな環境に広がる「糸島 シーサイドファクトリー」。基本的にはB to B向けだが、魅力的な空間にエンドユーザーから見学の問い合わせがあることも
海沿いののどかな環境に広がる「糸島 シーサイドファクトリー」。基本的にはB to B向けだが、魅力的な空間にエンドユーザーから見学の問い合わせがあることも


イスやソファの張り作業に特化した工房では、邸宅のようなくつろげる空間で、職人たちが集中して製作を行う光景が見られる。実際に以前と比べて作業効率も格段にアップした。素材や技術だけでなく、ものをつくる環境がブランドをつくっていくという哲学がカタチになった場所と言えるだろう。糸島から世界へ、リッツウェルの「唯一無二の家具をつくる」という思想を反映した新たなプロダクトが生まれる可能性に期待したい。




同工場では基本的にイスやソファの製作を行う。ベテランから若手まで約10人の職人が工房で製作や研究に取り組む
同工場では基本的にイスやソファの製作を行う。ベテランから若手まで約10人の職人が工房で製作や研究に取り組む

Ritzwell

RELATED ISSUES

一覧に戻る

PAGETOP