Loading...

CGパースを始めとする“絵”を通して新たな提案を模索するクリエイター集団

2020.02.10 | INFORMATION

「クリエイティブファースト・クリエイターファースト」を理念に掲げ、従来のCGパース制作者をオペレーターから表現者へと飛躍させ、その地位と価値の向上を目指す。そんなCGパース制作会社を創りたいと、CGパース制作会社出身でクリエイターでもある代表、金澤勇輝氏が2019年3月に立ち上げたCGworks。



大﨑雄太(CG Artist)コンセプトアート
大﨑雄太(CG Artist)コンセプトアート


社員数は15人、全員がクリエイター。そのほとんどが設計経験者であるため、手掛けるCGパースには色調や素材、家具、光なども含め、空間に必要な全てのディテールが組み込まれている。サイズもミリ単位以下まで計算されており、そのまま最終的な図面としても使用可能なクオリティーを確保。また、絵を描く全ての仕事を集積させることも目的とし、コンセプトアーティストや日本画家も社員として在籍。



コンセプトアートとは、最初に絵を描き、そこから空間を見出していくという提案手法。設計の前段階からイメージを共有するためのものであり、設計者や施主が思い描く空間や場所を雰囲気や心情をも盛り込んだ一枚に具現化してくれる。 CGworksのコンセプトアートは、パリのノートルダム世界コンペにてメインビジュアルを担当しファイナリスト(6位入賞)選出をはじめ、第一回オークハウス大賞の実践賞を受賞するなどの実績を持つ。



三浦愛子(日本画家)日本画 2015×1700㎜
三浦愛子(日本画家)日本画 2015×1700㎜


一方の日本画は、CGパース内にアートとして取り込んだり、日本画家によるCGパースの提案、日本画そのものを商業施設に導入するなど、新たなチャレンジを仕掛けている。 他に例を見ない試みは、それだけではない。同社では依頼を会社としてではなく、担当者個人で受ける指名制度を採用。密な補完関係によって設計者はプロジェクトの最初から最後まで同じテイスト、同じクオリティーのCGパースの入手が可能。



さらに、遠隔地でも設計者とクリエイターが作業中の画面を共有し、共に一枚の絵を描き上げる画面共有も同社ならではのシステムだ。CGworksでは、今後もさらにCGパース業界全体を盛り上げつつ、業界No.1を目標に歩みを進めていくという。



鈴木亮輔(CG Creative director)3DCG visualization
鈴木亮輔(CG Creative director)3DCG visualization

CGworks

RELATED ISSUES

一覧に戻る

PAGETOP