Loading...

id+ インテリア デザイン プラス

インテリアデザイン・建材のトレンドを伝えるメディア Presented by 商店建築

  • Home
  • 記事を読む
  • INFORMATION
  • Boseの音声会議用プロセッサーと次世代の埋め込み型スピーカーがスムーズな遠隔会議を実現

Boseの音声会議用プロセッサーと次世代の埋め込み型スピーカーがスムーズな遠隔会議を実現

2018.10.22 | INFORMATION

スピーカーを始め、アンプやプロセッサーなど多様な空間に向けた音響機器を総合的に提供しているBose。


同社が昨今ますますニーズが増している遠隔会議システム用に新たに提案するプロセッサーが「ControlSpace EX-1280C」だ。同製品は、複数箇所をつないで行われる音声会議をスムーズかつクリアに実現してくれるアイテムだ。この1台でVoIP、PSTN、アナログ、USBといった様々な音声接続に対応するオールインワン設計。新しいオフィスだけでなく、既存の会議室においても高品質な音声会議システムを導入することができる。エコーキャンセラー機能で音声会議のネックになりがちであったエコーの問題にも対応。更に、可変ノイズキャンセリングやコンフォートノイズ機能などが組み込まれ、会議の音声をはっきりと聴き取れる。また、3種のアンダーテーブルボックスを活用すれば、1本のケーブルで会議室のテーブルから機器収納架のプロセッサーをつなぐことができ、スマートな会議室の運用が可能だ。これらの音声会議システムは、半年間に渡り50の会議室への導入を進め、厳格なベータテストを実施。信頼性を高めた。



bose_181022_img_4


音声会議用プロセッサー「ControlSpace EX-1280C」は、さまざまなタイプの音声会議用インターフェースに対応する。また、Bose製アンプとのデジタル接続や、部屋の分割/統合に対応するシーン切り替え機能など、大規模な音声会議システムの設計を容易にする。さらにエコーキャンセラー機能などが、高音質で機能的な音響環境を実現。アンダーテーブルボックスと組み合わせることで、面倒な配線をスマートかつシンプルに接続可能 価格:ControlSpace EX-1280 C /480,000 円  アンダーテーブルボックス/78,000 円~
音声会議用プロセッサー「ControlSpace EX-1280C」は、さまざまなタイプの音声会議用インターフェースに対応する。また、Bose製アンプとのデジタル接続や、部屋の分割/統合に対応するシーン切り替え機能など、大規模な音声会議システムの設計を容易にする。さらにエコーキャンセラー機能などが、高音質で機能的な音響環境を実現。アンダーテーブルボックスと組み合わせることで、面倒な配線をスマートかつシンプルに接続可能
価格:ControlSpace EX-1280 C /480,000 円  アンダーテーブルボックス/78,000 円~


また、音声会議の音の出口として提案するのが、すっきりとした意匠が求められる会議室にも最適な天井埋込み型スピーカー「EdgeMax」。


このスピーカーは、天井埋込み型と露出型それぞれのメリットを取り込んだ製品と言える。従来の天井埋込み型スピーカーの音は、真下方向に放射状に音が広がっていくため、空間全体に均一に音を行き渡らせるには、音の広がる範囲を考慮し、部屋の中心付近に複数台の設置が必要になる。一方、露出型はスピーカーの向いている方向に音が広がるため、天井埋込み型に比べて少ない台数で広範囲をカバーできるが、インテリアデザインに溶け込ませるための工夫が求められる。「EdgeMax」は、この2 種類のスピーカーの利点を融合させている。その最大の特徴は、Boseの独自技術PhaseGuideにより、音が放射される方向をコントロールできる点。形状は埋込み型のため、スピーカーは直下を向いているが、音は斜め下方向に放射されていく。音のカバーする範囲は、垂直方向に非対称の75 °、水平方向に90 °と180 °の2種類がラインアップ。壁際の天井に埋め込んだとしても、広い範囲に高品質の音を届けることができ、設置台数を減らすことにもつながる。



bose_181022_img_1


天井埋込み型スピーカー「EdgeMax」。PhaseGuideテクノロジーにより、壁際の天井から空間全体に効率的に音を放射。壁際の設置かつ少ない本数でカバーすることで、空間のデザイン性を高めることに寄与する。スピーカーから約7.5m程をカバーし、天井の高さは約2.5~6mでの利用に最適な設計となっている。システム天井用のタイルブリッジも付属。スピーカーとしての性能も高く、スピーチ再生における明瞭性、フルレンジでの音楽再生力を備え会議室だけでなく、飲食店を始めとする商業空間、ホテルのラウンジ、産業施設、教育施設、一般住宅などさまざまな場所での利用に向く。 Boseの他の高性能スピーカーと、予算やインテリアのデザイン性に合わせて使い分けることで、満足度の高い空間を実現できる 価格:78,000 円
天井埋込み型スピーカー「EdgeMax」。PhaseGuideテクノロジーにより、壁際の天井から空間全体に効率的に音を放射。壁際の設置かつ少ない本数でカバーすることで、空間のデザイン性を高めることに寄与する。スピーカーから約7.5m程をカバーし、天井の高さは約2.5~6mでの利用に最適な設計となっている。システム天井用のタイルブリッジも付属。スピーカーとしての性能も高く、スピーチ再生における明瞭性、フルレンジでの音楽再生力を備え会議室だけでなく、飲食店を始めとする商業空間、ホテルのラウンジ、産業施設、教育施設、一般住宅などさまざまな場所での利用に向く。
Boseの他の高性能スピーカーと、予算やインテリアのデザイン性に合わせて使い分けることで、満足度の高い空間を実現できる 価格:78,000 円


オフィスやホテルのラウンジといった質の高い音響と、空間の意匠性を求められる場にマッチする「EdgeMax」。音のカバーレンジは、垂直方向に非対称の75 °、水平方向に90 °と180 °
オフィスやホテルのラウンジといった質の高い音響と、空間の意匠性を求められる場にマッチする「EdgeMax」。音のカバーレンジは、垂直方向に非対称の75 °、水平方向に90 °と180 °


Boseが新たに提案する音声会議用プロセッサーと次世代の埋込み型スピーカーは快適かつ機能的な会議室、オフィスに向けた製品としてデザイナーの求める付加価値のある空間づくりを後押ししてくれるはずだ。


Bose

この記事に関連する製品

資料請求リストに追加
EdgeMax/天井埋込み型スピーカー
ボーズ

RELATED ISSUES

一覧に戻る

PAGETOP