Loading...

使う人の安心と快適さに配慮したサーモ付き混合栓

2017.11.06 | INFORMATION

“人類ある限り水は必要である”を企業理念とするSANEI(三栄水栓製作所)の創業は1954年。水とともに生きる時間がいつも歓びで溢れるようにとの想いから“ALWAYS WITH JOY”をモットーに、地球の未来を見据えた企業活動を推進するCONTRIBUTION、質の高い製品を届け、水回りを通して人々の暮らしを豊かにするCREATION、人と水を繋ぐ企業として暮らしの中に歓びを届けるCOMMUNICATIONの3つの視点で企業活動を展開している。1967年に、バス用のシャワー付湯水混合栓を日本で初めて商品化したのも同社であり、その高い技術力と柔軟な感性で画期的な水回り製品を次々と世に送り出している。



今年10月に発売された「EK5030」は、吐水空間が広く使いやすいグースネックタイプのスタイリッシュなサーモ付自動洗面混合栓。吐水口の上面と下面に2つのセンサーを備え、吐水中は手元を照らすランプも点灯する。さらに特筆すべき点は、安心設計であるということだ。やけどなどの事故を防ぐため熱湯が出ず、ハンドルには滑り止めの突起もあしらわれている。車椅子に座ったままでも、また小さな子供でも安心・快適に利用できるので高齢者向けの介護施設や障害者向け施設、教育施設、病院などを始め、ユニバーサルデザイン化が進む商業施設などのパブリックトイレにも有効な自動水栓だ。



また、「EY506HE」は、自動水栓を稼働させるための電力を生み出す超小型高効率水力発電機を搭載した発電仕様の製品。吐水によりタービンを回転させ電気を発生。蓄電し、使用頻度にもよるが約10年もの間、電池交換は不要となる。もちろん、コンセントや電源も必要なく、環境負荷軽減にも配慮した製品だ。



このほかにも、水流の時間や量、水とお湯の切り替えがタッチパネルで簡単操作できる「toccata(トッカータ)」など、革新的な洗面混合栓がラインアップされている。



使いやすいグースネックタイプで、サーモハンドルには滑り止めの突起も付いている「EK-5030」。価格:120,000円
使いやすいグースネックタイプで、サーモハンドルには滑り止めの突起も付いている「EK-5030」。価格:120,000円


「EK-5030」のセンサーは、吐水口の上面と下面の2か所。高い位置からでも低い位置からでも、手をかざすだけで吐水と止水ができる
「EK-5030」のセンサーは、吐水口の上面と下面の2か所。高い位置からでも低い位置からでも、手をかざすだけで吐水と止水ができる


発電仕様の「EY506HE」。写真のトールタイプのほか、高さ185㎜の短いタイプもある。初期作動時用のバックアップ電池も付属。価格:90,000円~
発電仕様の「EY506HE」。写真のトールタイプのほか、高さ185㎜の短いタイプもある。初期作動時用のバックアップ電池も付属。価格:90,000円~

SANEI

RELATED ISSUES

一覧に戻る

PAGETOP