Loading...

スリーエム ジャパン フィルム建材の“王道的存在”

2017.08.14 | INFORMATION

スリーエム ジャパンは、化学素材メーカーである米・3M社の100%出資の子会社だ。テープやキッチンスポンジなど一般消費財から医療・工業・自動車関連ほか、幅広いジャンルにおいて製品を供給している。建築関連の製品も多彩だ。特に内装の分野では、フィルム材の王道的な存在とも言える「3M ダイノック フィルム(以下ダイノック)」と、そしてガラスに機能と意匠を与える「3M ファサラ ガラスフィルム(以下ファサラ)」が主力だ。両製品とも日本での建築分野での採用の歴史が長く、日本が売上をリード、製造も日本で行っている。デザインなど開発はグローバルと連携して進められ、世界のトレンドを反映した最新のデザインコードでアップデートされている。



水回り専用でバスルームをリノベーション ダイノックは、もともとアメリカで自動車の外板用化粧シートとして生まれたものだったが、1982年からは日本で生産を始め、以降主に内装材として大きく成長。“日本育ち”の素材だ。耐候性・耐薬品性・耐摩耗性などにおいて非常に優れた特性を持つうえ、デザインでも多種多彩のバリエーションを誇る(2017年時点で972種)。かつてはオフィスでの需要が高く、無機質なものが中心だったが、店舗や商業施設などへフィールドが広がるに合わせ、木目や和紙風、ファブリック調など、温かみや柔らかさを感じさせるデザインも大幅に増えた。



そして、剥離紙を剥がすだけで貼ることができる施工性の良さで、さまざまな場面で重宝されていることは多くの読者の知るところだろう。 最近はその施工性から改装需要が高まりを見せている。特にホテルの改修案件では2017年上半期の売り上げが2年前の同期比の倍近いという。メーンとなる客室扉に加え、水回り専用の「ネオシリーズ」によるバスルームへの採用が大きい。粘着剤に抗菌・防カビ性能を持たせたもので、壁・天井用および、タイル下地にも直接貼ることができるクッション性を持った床用の2種類がある。



水回り設備はエンドユーザーの好感心理に大きく影響するが、念入りに清掃の入る宿泊施設でも経年変化を感じやすい部分だ。とはいえ、ユニットバスの交換は費用・工期の面で負担が大きい。既存のユニット面の上からそのまま施工できるというのは大きなメリットだ。スピードはもちろん、施工による騒音も少ないため、フロアを分けるなどの工夫で稼働中のホテルでも工事が可能。フィルムのデザインによって印象を一変させられるので、高い費用対効果を見込める。こうしたリノベーションにおいても、安定した性能と実績のあるダイノックが活用される場面はますます増えそうだ。



ホテル内ユニットバスのリノベーション。壁の一面にアクセントカラーの木目柄を採用することで、古さを感じさせない空間となっている
ホテル内ユニットバスのリノベーション。壁の一面にアクセントカラーの木目柄を採用することで、古さを感じさせない空間となっている


廊下やドア回りなど、さまざまな場所でのリノベーションに使用できる
廊下やドア回りなど、さまざまな場所でのリノベーションに使用できる


アイデア次第でガラスが新しい素材となる

近年は建築の外壁にガラスが用いられることが増えたが、オフィスなどの内装においても、メンテナンスしやすく、経年劣化の少ないガラスの特性が好まれ、多用されている。空間を明るく広く感じさせる透過性も大きなポイントだ。ファサラは、パーティションや手すりなどのガラススクリーンに、視線制御・遮蔽の機能を与える目的で開発されたものだ。売れ筋の「illumina(イルミナ)」は微細なドットパターンによって、透過の階調をつくり、場面と状況に応じて一定の透過性を維持しながら、遮蔽を可能にした。飛散防止効果もあるため、安全性も高まる。


ファサラは今年春にラインアップの大幅なアップデートを実施。これまで無彩色のストライプやドットなどの規則的なパターンが中心だったが、「Fabric(ファブリック)」「Nature(ネイチャー)」「Stripe(ストライプ)」「Gradation(グラデーション)」「Geometric(ジオメトリック)」という五つのカテゴリーで31種類の全く新しいデザインパターンを用意した。繊細な生地の織り目やシボを表現したり(Fabric)、石柄や木目でありながら、パターン自体が透過しているもの(Nature)、不規則性を持たせたラインパターン(Stripe)など多様な意匠性を備えた。シャンパンゴールドやスモークといったカラーバリエーションも展開している。GradationやGeometricではアルミ蒸着によるミラーの可能性を追究。透過と反射が同時に起こることによって生まれる錯視が、不思議な効果をもたらす。東京・品川と大阪・中之島には体験型ショールーム(予約制)があるので、実際の効果を体感してみることをお勧めしたい。


また、ガラスの表面にファサラ、裏面にデザイン側に粘着剤が付いたダイノック デザインガラスフィルムを貼ることで両製品の意匠の特性を組み合わせた独自のものができる。ファサラの2枚使いも有用だ。アイデア次第で簡易に多彩なデザイン効果を生むことができるのが、ガラスフィルムならではの利点でもある。


木目のパターンを採用した「Frost Walnut」
木目のパターンを採用した「Frost Walnut」


チェーンメッシュ柄のリフレクトタイプ。フィルムにより手前床面が映り込む
チェーンメッシュ柄のリフレクトタイプ。フィルムにより手前床面が映り込む


トラフ建築設計事務所とのコラボレーションによるファサラの新製品発表会場
トラフ建築設計事務所とのコラボレーションによるファサラの新製品発表会場

スリーエム ジャパン

RELATED ISSUES

一覧に戻る

PAGETOP