Loading...

id+ インテリア デザイン プラス

インテリアデザイン・建材のトレンドを伝えるメディア Presented by 商店建築

Yogiboの至極の座り心地をかなえるビーズソファ

2017.08.14 | INFORMATION

今、アメリカで最も人気を集めているビーズソファブランド・Yogibo。 誰もが心地良いフィット感をかなえ、一つのソファがイスやリクライナー、ベッドへと変化する。多様性を備えた斬新なこのソファが、日本のインテリアシーンにおいて新たな選択肢を提案してくれる。

シーンに応じて形を変え、包み込まれるような座り心地をかなえるビーズソファ。2010年にアメリカで誕生したソファブランド・Yogiboは、これまでのビーズソファにはない“フィット感”によって、瞬く間に全米にその名を広めた。日本では’14年に初上陸し、「魔法のようなソファ」として話題を集めている。



何よりの魅力は、一つのビーズソファがイスやリクライナー、ベッドなどフレキシブルに変化する多様性だ。これは、独自開発の特殊生地を用いたアウターカバーの効果によるもの(アメリカで特許申請中)。ゴムのような伸縮性を備え一枚の生地によりビーズがさまざまな形状で固定され、自在に形を変えられる。実際に身を委ねてみると、ビーズが体に密着するようにゆっくりと沈み込み、手触りの良いしっかりとした生地が安定感をもたらしてくれる。



そもそもこのソファは、同ブランドの代表であり発案者でもあるEyal Levy(エーヤル・レビィ)が、妊娠した妻のために心地良く使用できるソファをつくろうと考えたのがきっかけ。主力商品である「Yogibo Max」は、幅約70㎝、厚さ約48㎝、長さ約170㎝、重さ約8㎏。伸縮性があるため、身長190㎝程度までの大人がベッドとして横になれるサイズだ。どのような体型、姿勢でも体重を支えてくれるため、誰もが快適にくつろげる。加えて、同じ生地、ビーズでできた抱き枕やクッションなどリラクセーションアイテムが快適さをサポート。



一方、アウターカバーに耐水性の高い生地を採用したアウトドア向きの「Zoola」シリーズは、デッキテラスやプールサイドでも使用できる。「Yogibo」シリーズのカラー展開は15色と幅広く、アウターカバーのみの購入も可能。カバーは洗濯機で丸洗いでき、乾燥機にかければ伸縮性も回復。補填用のビーズも販売し、新品のようによみがえらせるリペアサービスも行っている。これまでのソファへの固定観念をくつがえすYogibo。この新しいソファの存在が、ライフスタイルの幅をより広げてくれるに違いない。




yogibo1
ブラックをベースにパープルをアクセントにしたリビング。ビーズソファの形が豊富なほか、抱き枕やクッションなどのアイテムも充実しているため、「Yogibo」シリーズだけでフルコーディネートが可能。右から「Yogibo Max」ブラック(W約700×D約480×H約1700)29,800円 上に置いた「Yogibo Caterpillar Roll Long」ナチュラル(φ約200×L約2400)15,000円 男の子が座っている「Yogibo Max」パープル(W約700 ×D約480×H約1700)29,800円 左に置いた「Yogibo Mini」ブラック(W約700×D約450×H約 850)各19,800円 上に置いた「Yogibo Support」。 右がライムグリーン、左がディープパープル(W約760×D約930×H約300)各13,900円 床に置いたぬいぐるみ。右から「Yogibo Mate Elephant」2,980円 「Yogibo Football」1,500円 「Yogibo Mate Dino」、 「Yogibo Mate Giraffe」、「Yogibo Mate Monkey」各 2,980円



高い伸縮性を備えながら耐水性にも優れた生地を採用したアウトドア向きの「Zoola」シリーズは、屋外でも気軽に使用できる。右から「Zoola Pyramid」。手前がマリー ン、奥がサマー(約760角×H約660)各12,000円 イスの前に置いた「Yogibo Bubble」ディープパープル/ライムグ リーン(φ約600×H約700)19,800円 「Zoola Max」マリーン(W約700×D約480×H約1700)32,800円 上に置いた「Yogibo Roll Max」ダークグレー(φ約250×L約 1520)15,000円 折り畳みが可能で収納にもなるサイドテーブル「Yogibox Cube」ダークグレー(370角×H370) 3,980円 ラグの上に置いたぬいぐるみ。右から「Yogibo Mate Turtle」、「Yogibo Mate Penguin」、「Yogibo Mate Dolphin」各2,980円
高い伸縮性を備えながら耐水性にも優れた生地を採用したアウトドア向きの「Zoola」シリーズは、屋外でも気軽に使用できる。右から「Zoola Pyramid」。手前がマリー ン、奥がサマー(約760角×H約660)各12,000円 イスの前に置いた「Yogibo Bubble」ディープパープル/ライムグ リーン(φ約600×H約700)19,800円 「Zoola Max」マリーン(W約700×D約480×H約1700)32,800円 上に置いた「Yogibo Roll Max」ダークグレー(φ約250×L約 1520)15,000円 折り畳みが可能で収納にもなるサイドテーブル「Yogibox Cube」ダークグレー(370角×H370) 3,980円 ラグの上に置いたぬいぐるみ。右から「Yogibo Mate Turtle」、「Yogibo Mate Penguin」、「Yogibo Mate Dolphin」各2,980円


ツートンカラーがアクセントの「Yogibo Bubble」は、子どもが腰掛けたり、オットマンとして使用するのに最適。手前がディープパープル/ライムグリーン、奥がダークグレー/ライトグレー(φ約600×H約 700)各19,800円 ラグの上に置いた「Yogibo Football」 1,500円 4.抱き枕やクッションはベッドの上にコーディネート。右から、ネックピローとして使える「Yogibo Nap Fox」2,980円 「Mini Cushion」右がアクアブルー、左がディープパープル(約380角)各3,980円 「Yogibo Roll Mini」ライムグリーン(φ約200×L約810)6,800円 ぬいぐるみ。右から「Yogibo Mate Sloth」、「Yogibo Mate Koala」、「Yogibo Mate Frog」各2,980円
ツートンカラーがアクセントの「Yogibo Bubble」は、子どもが腰掛けたり、オットマンとして使用するのに最適。手前がディープパープル/ライムグリーン、奥がダークグレー/ライトグレー(φ約600×H約 700)各19,800円 ラグの上に置いた「Yogibo Football」 1,500円 4.抱き枕やクッションはベッドの上にコーディネート。右から、ネックピローとして使える「Yogibo Nap Fox」2,980円 「Mini Cushion」右がアクアブルー、左がディープパープル(約380角)各3,980円 「Yogibo Roll Mini」ライムグリーン(φ約200×L約810)6,800円 ぬいぐるみ。右から「Yogibo Mate Sloth」、「Yogibo Mate Koala」、「Yogibo Mate Frog」各2,980円


抱き枕やクッションはベッドの上にコーディネート。右から、ネックピローとして使える「Yogibo Nap Fox」2,980円「Mini Cushion」右がアクアブルー、左がディープパープル(約380角)各3,980円 「Yogibo Roll Mini」ライムグリーン(φ約200×L約810)6,800円 ぬいぐるみ。右から「Yogibo Mate Sloth」、「Yogibo Mate Koala」、「Yogibo Mate Frog」各2,980円
抱き枕やクッションはベッドの上にコーディネート。右から、ネックピローとして使える「Yogibo Nap Fox」2,980円「Mini Cushion」右がアクアブルー、左がディープパープル(約380角)各3,980円 「Yogibo Roll Mini」ライムグリーン(φ約200×L約810)6,800円 ぬいぐるみ。右から「Yogibo Mate Sloth」、「Yogibo Mate Koala」、「Yogibo Mate Frog」各2,980円

Photographs : Nacása & Partners Text : Asuka Kobata

Yogibo japan

  • 大阪府大阪市中央区瓦町3-6-5 銀泉備後町ビル2階
  • 営業時間 10:00~18:00
  • TEL. 0120-941-533
  • URL. https://yogibo.jp/
資料請求する

この記事に関連する製品

RELATED ISSUES

一覧に戻る

PAGETOP