Loading...

付加価値の高い空間づくりをサポートするアークテック

2017.04.10 | INFORMATION

建築の内外装仕上げ材を中心に、家具・照明なども世界各国約150社の製品からセレクション、オリジナル品希望の場合はゼロから製作し、付加価値の高い提案をする。デザインを始め素材に高い要求品質を持つデザイナーにとって、信頼の厚いコンサルタントがアークテックだ。イタリアを中心にスペイン、米国、ドイツ、中国などからトータルで品質の高いブランドのタイル、天然石、レンガなどを輸入販売する。部材の供給だけでなく、コンストラクションチーム(工事部)を持ち、施工やメンテナンス・サポートまでしっかり行える体制だ。商業施設に限らず、住宅・公共・業務施設など幅広い用途で内外装建材を提供する。



薄型大判タイルについても、伊・フィアンドレ、独・ポルセレングレス、西・イナルコなど複数のブランドを取り扱う。中でもフィアンドレ製品は、“イノベイティブストーン”とうたうほどの品質の高さで同社が薦めるものだ。独自の製法により石の模様が内部まで練り込まれていることが特徴で、表面の艶は天然石同様の本磨きで仕上げられている。また、表面と小口が同色のフルボディタイプなので、カウンターなどの造作の際に小口を見せることも可能。さらに、吸水率も0.04~0.08と非常に低い。サイズは最大3m×1.5m(厚さ6mm)となる。



同社では、高級輸入車のショールームの床での納入実績が非常に高い。10年ほど前より本国からスペックされることが増えたという。意匠性だけでなくメンテナンスなどセラミックだからこそ持ち得る性能も含め、フィアンドレの品質の高さがうかがえる。



アークテックでは、トータルでの対応力、豊富なネットワークを基にしたソフトサービスが強みとなっている。輸入元のカタログにあるものは全て対応する。フィアンドレの豊富なラインアップには、例えば大理石の見事なメノウを再現したものもあるが、あえてアートワーク的に使うこともできる。 既成のイメージにはない新しいもの、付加価値の高いクリエイティビティーなどデザイナーが求め続ける空間の実現のため、多様多彩な選択肢の中から設計者のニーズに応じたものを提案できる。



具体的なアイデアやデザインが明確でない場合でも、コストや納期など制約の中からベストなソリューションを見つけ出すのが、同社の役割と言える。



床、壁、カウンターを同素材で仕上げたバスルーム


カウンターの施工例。鏡面に仕上げた小口を敢えて見せることでデザインのアクセントとしている。フルボディー(表面と内部が同色)タイプならではの仕上げ
カウンターの施工例。鏡面に仕上げた小口を敢えて見せることでデザインのアクセントとしている。フルボディー(表面と内部が同色)タイプならではの仕上げ

アークテック

資料請求する

RELATED ISSUES

一覧に戻る

PAGETOP